歯列矯正

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

矯正装置

歯列矯正で使用される矯正装置には、大きく分けて着脱式、固定式のふたつがあるそうです。
どちらが優れているというわけではなく、治療の用途に合わせて使い分けられているそうです。

矯正装置は、歯を移動させるための装置ですから、当然決められた時間装着していないと効果がありません。
着脱式の矯正装置は、患者さんの中には医師の指示通り装着しない場合もあるそうです。

着脱式装置の「取り外せる」デメリットが無い物が、もうひとつのタイプである固定式装置と言えます。

歯並び矯正装置の固定装置の中でもマルチブラケットという装置がポピュラーですが、その応用として舌側にブラケットを装着する舌側ブラケットがあるそうです。

マルチブラケット装置の弱点が、ブラケットを歯の表面に設置するため、口元にブラケットがむき出しというのが審美的に敬遠されてしまう点にあるそうです。
この問題をクリアする為に金属以外の素材も使用されていますが、さらに審美的スマートさを求める人たちにとっては物足りない内容と言えそうです。
その様な人たちの中には、営業職、受付業など常に人目にさらされ、その印象も仕事に関係するとされる人たちが「どうしても人目に付かない形で歯列矯正したい」と希望する場合も多いようです。
そのため「歯列矯正したいなら、その見た目くらい我慢しては」とはいかない場合も多いそうです。
そのような人たちに根強く支持されているのがやはり「舌側ブラケット法」だそうです。

矯正装置には、その他にも、さらに特殊なケースの場合の装置などもあるそうですが、一般的なマルチブラケット、舌側ブラケットについて見てきました。
歯列矯正を考えている方などは、長い治療期間になりますので、使用する装置なども慎重に検討するのが良いかもしれません。



歯列矯正 用語・用具 | 【2013-01-16(Wed) 21:29:39】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © 歯列矯正Q&A~失敗しない歯列矯正~ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。