歯列矯正

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

顎関節症

歯列矯正の結果、患者が虫歯を発症したため裁判になったというケースもあるそうです。
これは決して特殊なケースとも言えないようです。
患者、病院側それぞれがその義務を怠れば当然想像もできるような事態とも言えそうです。

ここからは、顎関節症と歯列矯正の関係について見て行きたいと思います。
顎関節症は歯学的に様々な専門分野が関わる症状だそうです。

大抵の病気は内科の場合は内科的に、外科の場合は外科的にその症状の回復に努めます。
あまり他の専門分野と連携して治療する事は無いです。
それはそれぞれの医師が自分の専門分野における経験などからその治療に対して自信を持っているからとも言えそうです。

大きな大学病院などは、専門科が細かく分かれており、その症状を自分の科で解決する傾向は強くなると言えます。

歯科大学系の病院では、顎関節症の様な症状の為に額関節専門の診療科を置いている事もあるそうです。
顎関節症については様々な分野がそれぞれに対処法を持っているそうですが、ほとんどの場合、口腔外科などの医師がこれを任されるそうです。

専門領域は全く違うわけですが、顎関節症の場合にはそれぞれに効果的と思われる治療法があるため、その様な専門分野の医師がこれを任されるようです。

歯列矯正からのアプローチが有効な場合もある顎関節症には、額関節からの異音、痛み、開閉における口の運動の制限などが見られ、そこからの頭痛やめまいといった症状は深刻だそうです。

その症状は多様で、患者個人の顎関節症の原因を突き止めることはとても難しいそうです。

不具合のメカニズムとしては、様々な分野から様々な指摘があるようですが、おおよそ、下顎頭と関節円板、関節窩の3つ、また上下の歯列の噛み合わせ、これに直接的、また間接的に影響を与える筋組織等の不具合によるものと定義できるそうです。
問題の焦点として、この不具合の起こった理由と言えるそうです。

顎関節の異常で歯科を訪れる患者さんには、何かしらの矯正装置で対処しなければと考える医師も多いそうですが、まずは内科的な処置を優先して考える方が患者さんのためになるそうです。

顎関節症の原因として見逃されがちな原因に、咬み合わせの悪さ、不正咬合などがあるそうです。
顎関節症と言う事から原因に顎関節を求めがちにもなりますが、咬み合わせなどにも原因がある可能性もあるそうです。

様々な悪い症状も現れるのが、悪い咬み合わせとも言えそうですが、その様な場合にやはり歯列矯正が重要となってきそうです。



歯列矯正 病気 | 【2011-08-06(Sat) 22:58:05】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © 歯列矯正Q&A~失敗しない歯列矯正~ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。