歯列矯正

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

外科的矯正

歯列矯正とはメスを入れずに歯並びの矯正を行う事ですが、今回は歯並び矯正における「外科的処置」について少し見て行きたいと思います。

大人の歯並び矯正で多い、外科矯正のひとつに「骨格性下顎前突」の治療があるそうです。
この外科矯正は大人である事が条件となるそうです。
子供に施される事はないそうです。
何故ならその症状自体を子供のうちに確認する事は、症状が出揃わないと言う意味で難しいのだそうです。
経験のある矯正歯科医でも推測をするくらいしかできないようです。
100%の可能性というのは誰にも分からないそうです。

骨格性下顎前突は、遺伝的要因も強い為、親御さんはその傾向が、子供にも現れるのではと心配し、早期の対処を望む場合もあるそうですが、こればかりはどうしようもないそうです。

下顎に対する骨切り術も、下顎の成長が終わらないうちは行わないそうです。

このケースでの確定的な診断は、どう早く考えても、中学生以降と感が手置けば間違いがないそうです。
手術には健康保険が利用できるそうです。
また顎が左右どちらかに曲がる「顎変形症」にも健康保険が適用されるようです。

こういった症状とは、単純に歯並びが正常ではないというよりも、顎骨の上下のいずれか、または両方が、その形成過程において変形や成長異常を起こしたとするのが正解と言えそうです。

そのため、歯並び矯正、特に上に挙げた様なケースなどにおいての外科的な対処は顎骨が成長しきった時に行うのが賢明といえるのだそうです。

骨を外科的に矯正するのですから、歯並びの外科強制の効果は劇的と言えるそうです。
「まるで別人になったよう」という手術結果も多くあるそうです。
結果としての満足度がかなり高いものにもなるそうです。

歯列矯正の方は、もっと症状も軽いようにも思えますが、外科的矯正と同じく矯正を受ける人の人生も左右する場合も出てくるかもしれないという点では同じく重要な治療とも言えるかもしれません。



歯列矯正 用語・用具 | 【2013-09-11(Wed) 22:31:11】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © 歯列矯正Q&A~失敗しない歯列矯正~ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。