歯列矯正

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

日常の注意

歯列矯正とはメスを入れずに歯並びを矯正する治療の事ですが、その治療は長期に渡るもので、それなりの意思も必要な治療と言えそうです。
歯列矯正は長期間の治療になることや、食事など日常生活にかかせない行動にもかかわる歯への治療ですので、日常生活にも色々な注意などが必要となってくるかもしれません。

まず、日常生活で勉強、運動、音楽などへの影響ですが、小学生や中学生の親から歯列矯正により勉強やクラブ活動に影響はありませんか?などの質問がよくあるそうです。
患者が受験をひかえていたり、試験前である場合などは、特別な場合をのぞいて矯正治療を始める時期を調整しましょうなどとアドバイスがある事もあるそうです。
また、治療期間中も調整する力を一時期弱める事もできるそうです。

歯列矯正中の運動は、ボディコンタクトのあるラグビーや柔道などでは、歯をガードする為のマウスピースを作ってもらうと良いそうです。
唇を使う管楽器なども装置装着当初、なかなか思うように音が出ないという場合もありますが、時間が経過すると練習と共に音が出るようになるそうです。

また、発音への影響ですが、歯の表側からの歯列矯正の場合は発音に影響はないそうですが、歯の裏側からの歯列矯正の場合は、当初、舌を歯の裏に付けて出す、さ行、た行、特に英語のThの音が出しにくくなるそうです。
この問題はほとんどの場合1~2ヶ月で慣れて発音も普通に出来るようになるそうですが、職業がアナウンサー、歌手などの場合は矯正医との相談などが必要となってきます。

食事については、装置を付けた当初はやわらかめのものを中心に食べ物を小さく切り、ゆっくりと食べるのが良いそうです。
装置に慣れて歯の痛みも無くなれば、ほとんどのメニューは大丈夫だそうです。
あえて避けたほうが良いものは、粘着性のあるガム、飴、キャラメル、餅、とても固いお煎餅、氷、するめやフランスパンなどの噛み切りにくい食べ物などがあるそうです。
強い力で噛むと、装置が壊れて、歯の動きが止まり、治療期間が延長する事もあるそうです。

矯正治療は時間のかかる治療なため、人生の大切な行事にぶつかる事もあると思います。
特に女性の場合は結婚式の記念写真に矯正装置が写る事などは抵抗のあることかもしれません。
このようなケースでは、一時的に目立つ前歯の部分の矯正装置のみを外すことが行われるそうです。
行事の終了後再び装置を付けて治療を継続します。
一般的に、装置撤去や再装着料がかかるそうですので、矯正医に確認をするとよいようです。

歯列矯正を始める際に、すでに妊娠している場合はレントゲン検査、抜歯にともなう投薬の可能性があるため、出産後の矯正治療開始が無難とされています。
また矯正治療中での懐妊は、特に心配はありませんが、ホルモンバランスが変化する事などから歯肉が普段より腫れやすくなるそうです。
より注意深い歯磨きによる衛生コントロールが必要だそうです。
出産時には歯の動きを休止し、出産、退院、体調回復を待ち、その後再び来院して再治療となるそうです。



歯列矯正 全般 | 【2008-06-24(Tue) 12:11:00】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © 歯列矯正Q&A~失敗しない歯列矯正~ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。