歯列矯正

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

歯列矯正の相談

歯列矯正とはメスを入れない矯正治療の事ですが、歯列矯正と聞いてもあまりピンとこない人も多いかもしれません。

そこで今回は歯列矯正に関する相談とその回答について少し見て行きたいと思います。

まずは「痛みはありますか?」という相談ですが、最初に装置が付けられたあとの痛みは、かなりあるそうです。
しかし1週間もすれば何事もなかったかのように痛くなくなります。
痛みがある間の食べ物は、我慢が出来る程度で何でも食べて構いませんが、豆腐やヨーグルト、流動食などが良いようです。
パスタを柔らかめにゆでるなどというのも良いそうです。

「治療の期間はどれくらいですか」という相談にたいしては、通常2~3年とされていますが、最近では新素材や、素材の材料の改良が進歩し、より短期間で治療が行えるようになっているそうです。

また、どれくらいの間隔で通院するかという事については、月1回くらいが一般的ですが、2~3ヶ月に1回という場合もあるようです。

「目立たずに矯正できますか?」ということについては、表側に付けるブラスチックやセラミックの物は比較的目立たず、裏側に付ける装置は表から全く見えないとされています。

また「裏側の治療の方が長くかかりますか?」という事については、色々な本やホームページなどでは、歯の裏側からの矯正の方が治療期間が長くかかると書かれているものも多くあるそうです。
しかし実際には1回あたりの治療時間は、歯の表側からの矯正の方が約1.5~2倍かかるそうですが、治療期間はほとんど変わらないそうです。

「矯正を始めたら酒・たばこはできますか?」という事については、お酒は特に問題無いとされますが、たばこの場合は装置や歯が着色してしまう可能性が大きいとされます。

「矯正を始めてから食事は普通にできますか?」という事については、例えば、歯と歯の間にゴムをはさんだり、装置を付けたりすると歯が動き始め、この時数日~1週間くらい噛む時に、痛み止めまでは必要ではないですが、痛みが出るそうです。
食事を摂りにくい為、体重が数キロ落ちる事も珍しくないそうです。

「矯正治療中に妊娠したら?」という事については、妊娠中はレントゲンを控えた方が良いですが、矯正治療が開始しているのであれば、そのまま治療を継続してかまわないようです。

「矯正治療中に旅行や長期出張がある場合は?」という事については、2~3ヶ月くらいなら、装置が壊れなければ問題がないそうです。

この他にも沢山の相談が掲載されていたのですが、今回はその中の幾つかの相談を見てみました。
歯列矯正に興味のある方など、まだまだ疑問などが沢山あると思います。
1度下調べすると後々助かる結果になるかもしれません。



歯列矯正 全般 | 【2009-01-22(Thu) 21:53:19】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © 歯列矯正Q&A~失敗しない歯列矯正~ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。