歯列矯正

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

医療費控除

歯列矯正とはメスを入れずに歯並びの改善などを行う治療ですが、子供が行うイメージも強いかもしれませんが、大人でも歯列矯正を行っている人は数多くいるようです。

歯列矯正、メリットも多くあるのですが、デメリットのひとつとして料金が決して安くないという事もあるようです。
歯列矯正には、一般的な歯科治療のように保険をかける事が出来ない為、手軽とは言えない料金設定にもなっている医院も多いようです。
また治療にかかる期間も長いためそこでもお金が多くかかる事になりそうです。

そこで気になるのが、医療費控除です。
歯列矯正にはこの制度が利用できるようです。

サラリーマンの方にはあまり縁の無い確定申告とも言えますが、サラリーマンでも確定申告をする場合があるそうです。
その中でも多く見られるのが医療費控除だそうです。

医療費控除とは、申告者本人が、本人もしくは申告者と生計を共にする配偶者や親族の多額の医療費を支払った場合、所得控除の適用があり、税金の軽減、還付などを受けられる制度だそうです。
配偶者や親族は扶養親族である必要は無く、親族の範囲は6親等以内、血族と3親等内の姻族(本人、配偶者、子供、兄弟姉妹、両親、祖父母など親族で生計を一緒にしている人)に限り受け取る事ができるそうです。

税金の軽減額などは所得額や他の控除などにより異なりますが、およそ控除の額の1,2割だそうです。

歯列矯正の際など、医療費控除でお金が戻ってくるか1度確かめてみるのもよいかもしれません。



歯列矯正 費用 | 【2011-12-06(Tue) 22:05:44】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © 歯列矯正Q&A~失敗しない歯列矯正~ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。