歯列矯正

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

歯列矯正用語集

歯列矯正とは簡単に言うと、メスを入れない歯並びの矯正治療の事らしいのですが、歯列矯正、あまりぴんと来ない人も多いかもしれません。

そこで今回は歯列矯正に関する用語を簡単に見て行きたいと思います。

まず「インビザライン」とは、アメリカで開発された着脱式の矯正装置の事だそうです。
2006年に日本では許可が下りたそうです。

「う歯」とは虫歯ができた歯の事で、「う触」とは虫歯になる事です。
そして「永久歯列期」とは永久歯が生え揃った後から抜けるまでの期間の事です。
「エッジワイズ法」とは、マルチブラケット法のひとつで、現在の歯列矯正において主流の治療法だそうです。
「顎関節症」とは咬み合わせの悪さから生じる顎の機能障害、顎関節部の周りの症状の事です。
「過剰歯」は32本ある永久歯の他に更に生えてくる歯です。
「頬側」とは歯の外側の事です。

また「クリアライナー」とは韓国で開発された着脱式矯正装置だそうです。
「口蓋側」とは上の歯の内側の事、「咬筋」とは咀嚼筋のひとつで、「咬合」とは歯の噛み合わせの事です。

「咬耗」とは、噛んで行く事により表面が擦り減る事で、科学的に歯が溶解する場合にも言うそうです。
「混合歯列期」とは最初の永久歯が生え始めてから、最後の乳歯が抜けるまでの時期を言います。

「歯列弓」とは上下の歯列の曲線、「スタンダードエッジワイズ法」とは歯の位置の調整をワイヤーで行う方式で、「ストレートワイヤー法」とは歯の位置の調整を歯に装着したブラケットで行う方法です。

「セカンドオピニオン」とは主治医以外の医師に診断についての意見を求める事を言います。

「デーモンシステム」とは、従来より摩擦が少ないブラケットと最先端技術を使用した柔らかなワイヤーを用いた治療です。
痛みも少なく、治療期間も短めだそうです。
「8020運動」とは、80歳まで20本の歯を保つという運動です。
健康な歯は痴呆症や寝たきりの防止にもなるというデータがあるそうです。
「不正咬合」とは正しく無い噛み合わせ、「ブラケット」とは、部品を固定する為の道具の事で、歯列矯正の場合は、ワイヤーを通して歯を動かす装置です。
「リテーナー」とは保定装置の事です。
「リラップス」とは、矯正治療後、保定が上手くいかずに動かした歯が元の位置に戻ってしまう事です。
そして「リンガルシステム」とは、歯の裏側に装置を付け行う歯列矯正の事です。

以上簡単に歯列矯正の用語を見て来ましたが、歯列矯正、気になる方などさらに詳しく調べておくと安心かもしれません。



歯列矯正 用語・用具 | 【2011-02-05(Sat) 23:32:46】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © 歯列矯正Q&A~失敗しない歯列矯正~ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。