歯列矯正

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

歯列矯正の期間・流れ

歯列矯正とはメスを入れずに歯並びを改善する治療の事ですが、メリットはもちろん沢山ありますが、日常生活に負担がかかってくる場合も色々とあります。
その中のひとつにその治療期間の長さなどがあるのですが、今回は歯列矯正治療の期間や流れなどを見て行きたいと思います。

歯列矯正の治療期間は、症状によって個人差があるそうですが、マルチブラケットという装置を付けてから2~3年くらいが一般的だそうです。
中には3年以上かかる場合もあるそうです。
治療方針によっても治療期間が大きく異なってくる為、自分の予定なども担当の医師に伝えておく必要があります。
また子供の場合の矯正治療は、歯の動きもよく、成人より比較的早くマルチブラケットの装着期が終わるそうです。
マルチブラケット装置と呼ばれる器具の後にリテーナーというものを付けるそうですが、その期間も最低でも1年、矯正期間と同じもしくはそれ以上の期間にわたって使用するのが望ましいとされています。

治療の流れは、まずやはり医院探しから始まりますが、口コミ、紹介、インターネット検索、タウンページ、ミニコミ誌の広告など様々な方法で、何件かピックアップするのが良いようです。

そしてまずは治療についての簡単な質問を電話やメールでしてみます。
スタッフの受け答えや電話の対応、返事の早さ、丁寧さなど、相談にかかる費用・時間などをチェックするのが大切なようです。

初診・相談は、医師に歯の状態を丁寧に診てもらい、分かる範囲での期間・費用に対するしっかりとした説明、どのような治療をするか説明を受けます。
疑問なども納得が行くまで相談した方が良いそうです。
聞きたい事を箇条書きでメモしていくなども良い方法だそうです。

そして診断と矯正治療の計画のために必要な検査が行われるそうです。
歯や顔の写真、歯や顎の骨のレントゲン、歯型をとるなど様々な検査が行われるようです。
一つ一つの検査が何のためのものか説明が無い場合などは確認をすると良いようです。

そして検査結果と診断の説明が行われ、矯正前の治療、抜歯を行う場合もあるそうです。

矯正治療開始になると、様々な目的の装置を付ける事になるそうです。
治療内容によって装置は様々です。
歯磨きの指導などもこの時受けます。

そしてここからはワイヤー調節をしたり、装置がきちんと付けられているか、歯がどのような動きをしているか確かめるために4週に1度ほど通院する事になるそうです。

歯が動いて歯並びが整ったら、元に戻らないようにリテーナーという保定装置を付けるそうです。
歯が新しい位置に安定するまでこの装置を付けます。
この期間も3ヶ月から6ヶ月に1度の割合で通院しチェックなどをしてもらうそうです。

最後に矯正治療が終わっても半年に一度くらいの割合で定期健診を受けるのが良いそうです。
せっかく整った歯並びや噛み合わせを維持する為にも定期健診は必要なようです。

歯列矯正長い期間のかかる治療なようですが、メリットの多くある治療です。
歯列矯正を考えている方などは1度しっかりと調べてみると良いのではと思います。



歯列矯正 時期と期間 | 【2010-03-25(Thu) 00:36:09】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © 歯列矯正Q&A~失敗しない歯列矯正~ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。