歯列矯正

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

歯列矯正・出っ歯

子供の場合に起こりやすい歯並びで多いもののひとつに上顎前突があるそうです。
これは俗に言えば、「出っ歯」と言われるものです。

この上顎前突は日本人に多いと言った認識も多くありそうですが、これは欧米の人々にも同じくらいの比率で起こっている症状なのだそうです。
実際には同じくらいの比率でおこる日本人と欧米人の上顎前突ですが、厳密に分けるとその症状には違いがあるそうです。

日本人の場合は、上顎前歯の前方傾斜が多いとされています。
つまり歯の生えている歯槽突起部の傾斜が多いと言う事だそうです。
これに対して欧米人の症状は、上顎骨全体と言うか、そのものの前方位によるものが目立っているともいえるようです。

歯列矯正を考えた場合、日本人に多い上顎前突は、欧米人の場合より治療は比較的容易であると考えられるそうです。

上顎前突の原因としては、色々な症状のタイプがありますので、一概には定義できないのですが、子供の時期に起こる物としては唇の問題があるそうです。

子供に鼻やのどに関連する疾患などがある場合、その子供の呼吸法はどうしても「口呼吸」になり、唇の締りが悪くなってきます。
この唇の半開きの癖がついてしますと、これが上顎前突の原因になってくるそうです。

口呼吸するには耳鼻疾患などが原因になっている可能性が高そうです。
まずは「口呼吸」をやめる為に耳鼻疾患治療を考えてみるのも良いかもしれません。

芸能人などで上顎前突を売り物にして成功している方も見かけるので、必ずしも歯列矯正などが必要とは限りませんが、噛みあわせの面や個人個人の事情などから歯列矯正を考えてみるのも良いかもしれません。



歯列矯正 対象 | 【2011-09-09(Fri) 22:35:38】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © 歯列矯正Q&A~失敗しない歯列矯正~ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。