歯列矯正

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

歯列矯正・受け口

歯列矯正を行う歯並びには上顎前突などがあり、これは口呼吸や母指吸引癖などから起こってしまう歯並びでもあるようですが、これについで多い不正咬合に下顎前突、俗に言う受け口があるそうです。

歯並びの悪さとは関係の無い、先天的な顔の特徴と思っている人も多いのではと思いますが、これも歴然とした不正咬合だそうです。
下顎前突によって他人に対してコンプレックスを感じる人も多いそうで、歯並びの矯正が行われる頻度は高いそうです。

下顎前突は、一見すると怒っているような印象を与えたり、見る角度によっては笑っているような表情にも見えたりして、そのような事からも弊害が起きてしまいそうです。
この歯並びは、特に日本人だけに多い歯並びではないそうですが、それを気にして歯列矯正などを行う人の数が多い為「日本人に下顎前突が多い」と言った認識が広まっているのかもしれません。

子供の頃は目立たなかった下顎が年齢と共に前突するため、その時期の生活習慣などに問題があったのかと勘違いする人も居るそうですが、そうなる要因は遺伝としての骨格や子供時代の歯並びにすでに隠されていた、と言った場合がほとんどだそうです。

下顎前突の歯列矯正を考える場合、出来るだけ早い時期にその症状に気づき、矯正歯科を訪れる事が求められています。
小学校入学後でも遅くはありませんが、それ以前の幼稚園でも歯列矯正については何の問題もないそうです。

また下顎前突は遺伝の可能性があるものなので、血縁者などに下顎前突の人が居る場合などは、子供の成長と共に変化していく歯並びなどには充分に注意しておく必要があるそうです。
遺伝の場合の下顎前突は骨格性の可能性が高くなるそうで、その判断については、「頭部エックス線規格写真」などで診断する事ができるそうです。

下顎前突もその人の個性のようにも思えますが、見た目以外では噛み合わせの点などで問題が出てくる場合もあるようです。
噛み合わせが正しくないと、精神面、身体面などに悪影響を及ぼす事もあり、下顎前突気になる場合は歯列矯正についてなど詳しく調べてみると良いのではと思います。



歯列矯正 対象 | 【2009-11-26(Thu) 23:17:04】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © 歯列矯正Q&A~失敗しない歯列矯正~ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。