歯列矯正

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

抜歯

歯列矯正とはメスを入れない矯正治療の事ですが、歯列矯正には様々なパターンがあり、その中には抜歯を行う場合と行わない場合などのパターンもあるようです。

今回は歯列矯正と抜歯について少し見て行きたいと思います。

矯正治療で抜歯が必要な時、なぜ健康な歯を抜く必要があるのでしょうか。
それは主に、上顎前突や下顎前突、上下顎前突などにおいて、歯を綺麗に並べるスペースを確保する為に、顎を広げる為や奥歯を後方に動かすのが困難な場合があるからだそうです、顎の骨が成長し終えた成人の症例においてよく見られるそうです。
どれだけ詰めても5人がけの椅子に6人は座れないため1人が席を譲るような事だそうです。

この場合、抜く主な歯は、前歯から数えて4番目の歯で、上下左右合わせて4本だそうです。
咀嚼に影響の少ない事や、位置的に前歯を動かしやすい場所であり、日本人にとって多いとされる「八重歯」になりやすい犬歯の側にある歯でもある事から抜かれる事になるそうです。

このように他の目的の為に問題の無い歯を抜く事を「便宜抜去」と言うそうです。

歯を抜かずに解決する場合もあれば、抜かなければ治療が困難になるケースもあり、人によって変わってくるようです。
健康な歯を抜きたいと思う人はたぶんいないと思われますが、それは治療する側の医師も同じ事と言えるそうです。

60年前のアメリカでの歯列矯正では、抜歯派と非抜歯派の論争が巻き起こり、その結果抜歯派が主流になったそうです。
日本でもその流れを汲み、長い間治療の際に抜歯を行う方法が主流だったようです。
しかしここ10年で技術が進み、抜歯をせずに治療できるケースも多くなってきたそうです。

健康な歯はなるべく抜かないと言う信念を持つ医師も増え、書店で歯列矯正についての本などを見てみると、その半数が「抜歯をしない」というような題名になっているそうです。

しかし確かに抜歯を行わない主張も正しいのですが、だからと言って歯を抜くのが悪い医者とも言えないようです。

歯を抜かなければいけないケースで無理に歯をそのままにしておくと、根本が解決していない為、一旦は歯並びが整ったように見えても、すぐにまた動いてしまう事も多いそうです。

何事にも「絶対」は無い事からも、「なるべく」ではなく「絶対」に抜歯をしませんと公言している医師には疑いを持っても良いかもしれません。



歯列矯正 用語・用具 | 【2008-06-15(Sun) 22:30:00】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © 歯列矯正Q&A~失敗しない歯列矯正~ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。