歯列矯正

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

マルチブラケット

歯列矯正の基本とも言える矯正装置が固定式装置だそうです。
この代表的な物がリンガル・アーチと言われる物で、軽度の歯並びの矯正時に使用するそうです。
町の小さな医院でも充分対応できる症状の時に主に使用されるそうです。

リンガル・アーチよりも複雑とされる固定式装置に「マルチブラケット装置」があるそうです。
現在はリンガル・アーチより普及している歯列矯正の装置として知られています。

これは、ブラケット、アーチワイヤー、第1大臼歯を固定する装置、上顎に当たるパットなどから成るそうです。
すべての永久歯にブラケットを付け、そこに弾力性のある矯正用ワイヤーを適合させ、その弾力を利用し歯の移動を試みるのがこのマルチブラケットの特徴だそうです。

ほとんどの人がマルチブラケットを装着している人を見た事があるのではないかと思います。
笑った人の歯に銀色のこれが装着されているなどという場面もよくありそうです。

歯科矯正治療では、マルチブラケットが最も広く普及している矯正器具といっても間違いがないようです。
それだけ歯並びを整えるうえで、合理的かつ安全性も高いと考えられているためだそうです。
症状によって歯列全体に装着する場合もあれば、矯正の必要のある1部のみに装着する事もあるそうです。

マルチブラケット装置を使った方法は、エッジワイズ法と言われる方法を基本にして発展してきたそうです。
この方法の一般論としてブラケットに色々な種類の弾力線を装着する歯列矯正があるそうです。

マルチブラケットの弾力線の形態には、色々な種類があり、ブラケットそのものの素材にも色々な物があり、広く普及している金属性の物が代表格と言えます。

マルチブラケット装置が女性などに敬遠される理由としては、ブラケットが歯の表面に装着される為、審美的に抵抗もあるという事があるそうです。
そういった審美的抵抗を減らそうとして、セラミック、硬質レンジといった視覚的に目立たない物を使用したブラケットが装着される事もあるそうです。

最近では弾力線の素材の種類も増え、歯列矯正を行う場合の選択肢も多くなっているそうです。

歯列矯正を考えている方などは、装置についてなども詳しく調べておくと良いかもしれません。



歯列矯正 用語・用具 | 【2011-10-12(Wed) 22:40:44】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © 歯列矯正Q&A~失敗しない歯列矯正~ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。