歯列矯正

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

歯列矯正体験談2

治療といえば、大きな治療はもちろん、小さな治療でも不安はつきものにも思えますが、そんな時に参考になりそうなのが、治療の体験談なのではと思います。
今回は、28歳男性の歯列矯正治療の体験談を見て行きたいと思います。
歯列矯正とはメスを入れない歯の矯正治療の事です。

「歯列矯正治療を始めたのは小学校2,3年の頃の歯科検診がきっかけとなりました。
下顎の小ささからこのままでは受け口になる可能性があり、そうなってからでは外科手術で顎を削らなくては治療できなくなるので、今のうちに矯正をした方が良い、というのがその時の言葉でした。

近くの歯科医院を薦められたのですが、永久歯が生え揃うまでしばらく様子を見るように言われ、実際治療に通いだしたのは小学6年生の時でした。

歯は小学生で2本、高校生で2本抜きました。
場所は正確に覚えていませんが、第二小臼歯か第一小臼歯辺りの歯を上下左右合計4本だったと思います。

学校で進められた近所の歯科医院は、矯正歯科専門の先生が常駐しているのではなく、大学病院の先生が月に1度来るので、その日に合わせて通っていました。
装置が壊れた際などは遠くの大学病院まで行かなくてはなりませんでした。

装置は、小学生の頃に準備期間として、歯列を横に広げる装置を付けていました。
そして中学の頃に寝ている間にチンキャップを2,3年付けていました。
マルチブラケットは大学から社会人の間4,5年つけていました。
つけてから2,3日は固い物が食べられませんでした。
その後も固い物が食べ辛かったり、歯磨き時に取れやすかったりしましたが、サークルのテニスの時などは特に支障はありませんでした。

その後装置をはずし、下の前歯の裏にワイヤーをつけ固定し、通院は3ヶ月から半年に1回のペースになりました。

程なく仕事で地方に転勤になったため、装置ははずしてもらい、とりあえず矯正治療は終了しました。

歯並びが良くなっても虫歯で歯を抜くなどしては意味がないので、これからも歯磨きはしっかりしたいです。」
これはひとつの歯列矯正治療の例ですが、体験談からも分かるように、長い期間のかかる治療が歯列矯正であるようです。
長い期間がかかるという事は、お金も多くかかる事にもなりそうです。
歯列矯正メリットも沢山ある治療ですので、気になる方などは1度詳しく調べてみるのも良いかもしれません。



スポンサーサイト
歯列矯正 体験談 | 【2008-10-24(Fri) 00:27:14】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © 歯列矯正Q&A~失敗しない歯列矯正~ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。